艶やかな肌に|美しい肌になるにはたるみ治療をクリニックで受けましょう

美しい肌になるにはたるみ治療をクリニックで受けましょう

艶やかな肌に

カウンセリング

肌の裂け目を塞ぐために

肌は、コラーゲンとエラスチンとが、布の縦糸と横糸のように交差しながらつながることでできています。このコラーゲンとエラスチンとが劣化し、繋がりが局部的に切れてしまうことで、シワができます。布の場合は、裂けた部分を糸で縫い合わせると、裂け目を目立たなくすることができます。それと同じように肌でも、コラーゲンとエラスチンとを補えば、シワが目立たない状態になるのです。そしてそのために美容外科では、レーザートーニングやサーマクール、ウルセラといった様々な治療がおこなわれています。これらはいずれも、肌にあえて刺激を与えるという治療です。怪我をすると、肌では傷を塞ぐための新しいコラーゲンやエラスチンが作られます。そのためこれらの治療でシワの部分に刺激を与えれば、やはりコラーゲンやエラスチンを肌に作らせることができるのです。

熱による微弱なダメージ

レーザートーニングとは、ロングパルスのレーザーを照射して、肌の深部を温めるという治療です。そしてサーマクールではラジオ波が、ウルセラでは超音波が使われるのですが、これらは肌の深部で摩擦熱を発生させるという治療です。つまりいずれの場合も、肌が熱で温められるということです。決して火傷を負うほどの熱ではなく、それでいて多少ですが、肌にはダメージが与えられます。そのため肌は回復のために懸命にコラーゲンやエラスチンを作り出そうとします。すると徐々に、熱によるダメージが抜けていきますし、それと同時にシワも解消されていくわけです。肌を温めるだけでシワの目立たない艶やかな肌にしていくことができるため、これらの治療はシワに悩む中高年層からの高い需要があります。